のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Tag:鷹の爪

👇は、鷹の爪である。
IMG_20230920_100517_copy_1512x2016


今年は、昨年収穫して粉に挽いて冷凍保存してあるのがたくさんあるので、このまま乾燥して保存することにする。
IMG_20230920_104309_copy_1512x2016


👇は、種を繫ぐためのハバネロである。
ハバネロは、使う予定は無いので、種の保存のために収穫した。
今年は観賞用として、1株だけプランター栽培をした。
IMG_20230920_104416_copy_2016x1512


👇は、から2さんから来ているトリガーと言う辛い唐辛子である。
だ、辛さを確かめたことは無い。
こちらも唐辛子の好きな人が現れたら、プレゼントしてあげようと思っている。
乾燥して保存する予定である。
IMG_20230920_104408_copy_2016x1512


👇は、晩生のミョウガである。
早生のミョウガは収穫期が長いが、晩生種は、1回しか収穫できない。
IMG_20230920_151642_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     

👇は、我が家では一番辛い唐辛子のハバネロである。
日光唐辛子の一味唐辛子に、10%ぐらい混ぜて2味唐辛子を作ったことがあったが、それでも辛すぎて使えなかった。また、乾燥させていざ粉に挽くときに、マスクを二重にして掛けても、匂いだけでも涙と鼻水が出てしまった。

20230808_102518_copy_1512x2016



👇は、島唐辛子である。こちらもとても辛い唐辛子である。
スコヴィル値は
50,000~100,000SHU. である。
島唐辛子は、一味唐辛子などにするには、小さすぎて不便である。

沖縄などでは、
島唐辛子を泡盛で漬け込んだコーレーグスという調味料にして、食堂等には必ずと言っていいほど常備されている独特の卓上スパイスのようである。
20230808_102546_copy_1512x2016


👇は、赤色のビッキーニョである。
この唐辛子はあまり辛くない。変わった形なので観賞用に作ってみた。
ピクルスにして、食べるようである。
フルーティーな香りがあるのが特徴である。
20230808_102605_copy_1512x2016


👇は、黄色のビッキーニョである。
この辛くない唐辛子は、びっしりとなるので、観賞用にはとても面白いと思った。
20230808_102614_copy_1512x2016


👇は、黄金唐辛子である。
鷹の爪の10倍の辛さだそうで、スコヴィル値は12万とされている。
いったいこの辛い唐辛子を、どうやって食べるか? 

➡黄金唐辛子のレシピ

興味を持ったレシピ
<黄金とうがらし味噌>
材料
黄金とうがらし6〜7本
にんにく1片
しょうが1/2片
味噌100グラム
砂糖大さじ2
みりん大さじ2
ごま油大さじ1/2


20230808_102647_copy_1512x2016


👇は、プリッキーヌである。タイのトムヤムクンに使われている。
スコビル値は50,000~100,000SHUもあるとされ、日本の三鷹と能鷹の間ほどの辛さを持っているようだ。
YUKIさんの話だと、
『ウチは、いただいたプリッキーヌが玄関前で丸鉢でこんもりと^_^
生のまま冷凍し、ほぼ毎日何かしら料理に使っています。爽やかな辛さが気に入っています。』
20230808_102653_copy_1512x2016


👇は、トリガーと言ってかなり辛いタイの唐辛子である。
から2さんから種を頂いている。
これも、まだ辛さを確かめたことは無い。
肉厚の真っ赤な唐辛子で、見るからに辛そうである。

➡から2さんの記事 美しさに反比例して激辛です。
20230808_102716_copy_1512x2016


👇は、唐辛子をプランターで栽培している画像である。
今年は、家で消費する2品種を除いて、辛い唐辛子を主に、観賞用にプランター栽培にしている。
20230808_102727_copy_1512x2016


👇は、安心して食べられる食用の鷹の爪と日光唐辛子である。
20230808_103049_copy_2016x1512


👇は、日光唐辛子である。
一味唐辛子にしたり、そのまま乾燥させて白菜の漬物に入れたりしている。
20230808_103055_copy_1512x2016


👇は、鷹の爪である。
まだ、真っ青である。
2年前に、柚子胡椒を作ってみたが、後輩に好きな人がいたので、作った物を全部あげてしまった。
20230808_103127_copy_1512x2016


👇は、収穫した日光唐辛子である。
辛みも丁度良く、一味唐辛子にしても料理に使ってもとても評判が良い。
20230808_103342_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、雑草に埋もれてしまった、ジャンボニンニクのムカゴの畝である。
20230524_103813_copy_1512x2016


👇は、除草が終わって、ジャンボニンニクが出てきた画像である。
ムカゴでも、大きければトウ立ちするようだ。
20230524_105309_copy_1512x2016


👇は玉ねぎを掘り上げて、周りの除草をした畝である。
20230524_105816_copy_1512x2016



👇は、そこに植え付けた鷹の爪3株である。
20230524_145805_copy_1512x2016




👇は、日光唐辛子3株である。今年の食用唐辛子は、6株だけである。
20230524_145811_copy_1512x2016





👇は、マクワウリを3株植え付けた。
20230524_145736_copy_1512x2016




👇は、第1段のマクワウリの苗である。
 20230524_145740_copy_1512x2016



👇は、ハグラウリ3株の画像である。
20230524_145749_copy_1512x2016



👇は、こちらも1株だけ大きくなった苗を植えた。
第1弾が上手く育たなかったので、蒔き直した。
他の2株は、蒔き直しの苗である。
20230524_145752_copy_1512x2016




👇は、今年から観賞用に、プランター栽培に切り替えた唐辛子である。
20230524_145459_copy_1512x2016



👇は、画像左からビッキーニョ赤、ビッキーニョ黄色である。
1


👇は、ハバネロ1株、島唐辛子2株である。
1


👇は、黄金唐辛子1株、プリキーヌ3株である。
2


👇は、トリガー、黄金唐辛子、島唐辛子である。
3




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

唐辛子が真っ赤になっていたので、収穫した。
午後の一番暑いときだったので、日傘を立てて日陰を作って収穫した。前にパラソルがあったのだが、壊れてしまったので普通の傘で代用した。

20200822_141523_copy_2268x3024

こちらはプリッキーヌ。まだ早い。
20200822_141532_copy_2268x3024

こちらが今日収穫した鷹の爪。赤く熟したのはほとんど収穫した。
20200822_141558_copy_2268x3024

先日収穫した日光唐辛子。天日干ししてある。
20200822_141607_copy_2268x3024

二幸唐辛子。3,4日天日干ししている。今年は良く乾く。
20200822_141632_copy_2268x3024


そして、今日収穫した鷹の爪。雨が降るとか降らないとか。
20200822_141730_copy_2268x1701


駐車場の端にある物置の屋根が、一番日当たりが良い。
20200822_141742_copy_2268x3024




日光唐辛子が乾いたので、冷凍庫で保管。あとで一味唐辛子を作るときに、もう一度まとめて乾燥機に掛ける。
20200822_142127_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


ゴーヤとバナナペッパーが、消費仕切れなくなって来たので、お裾分けする事にした。
オクラも、毎日20本の収穫がある。これも消費が追いつかない。
20200820_083944_copy_2268x3024

ナスも秋用のものが採れ出した。
20200820_085444_copy_2268x3024

きゅうりは、若干足りない感じだ。
七夕きゅうりができ始めれば、いっぱいになるだろう。
黄色の大きなものは、ラリーノF4の種採り用である。
20200820_084441_copy_2268x3024








本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ